2014/07/21

Awesome Art

赤い館のかたわら
海緑色の池から
樫の死木の下に
月が照る

Aus dem meergrünen Teiche
Neben der roten Villa
Unter der toten Eiche
Scheint der Mond.


  Arnold Böcklin
 1880年
Böcklin himself provided no public explanation as to the meaning
of this painting, though he did describe it as 
“a dream picture: it must produce such a stillness
that one would be awed by a knock on the door.”

 館がくらく
水にうつるところに
男がひとり立ち
指環をはずす

Wo ihr dunkles Abbild
Durch das Wasser greift,
Steht ein Mann und streift
Einen Ring von seiner Hand.


三粒のオパールがきらめき
青白い石のないぶに
赤や緑がきらきらと浮び
流れ沈みゆく

Drei Opale blinken;
Durch die bleichen Steine
Schwimmen rot und grüne
Funken und versinken.



男は石に口づけし
瞳は海緑色
の水底のようにかがやき
窓がひとつひらく

Drei Opale blinken;
Durch die bleichen Steine
Schwimmen rot und grüne
Funken und versinken.



樫の死木のかたわらの
赤い館から
青白い女の手が
男にむかってひらひらと動く

Aus der roten Villa
Neben der toten Eiche
Winkt ihm eine bleiche
Frauenhand.


期 待 /  デメール
Erwartung / Richard Dehmel


アルノルト・ベックリン

ベックリンは1827年にスイスで生まれたが、生涯の大部分をドイツおよびイタリアで過ごしている。
1874年から1885年までのフィレンツェ時代は円熟期で、『死の島』 をはじめとする代表作が
この時期に生まれている。 『死の島』 は暗い空の下、墓地のある小さな孤島をめざし、
白い棺を乗せた小舟が静かに進んでいくさまを描いた神秘的な作品である。
彼自身、このモ チーフに魅せられていたようで、その生涯にこの題材で5点の作品を
残している(うち4点が現存)。この作品に見られるように、写実的で緻密な描法と、
画面 にただよう神秘的・幻想的な雰囲気がベックリンの特色である。 
20世紀の シュルレアリスム絵画にも大きな影響を与えた。
第一次世界大戦後のドイツでは、非常に人気があり、一般家庭の多くの家に、
複製画が飾られていた。中でも代表作の『死の島』は特に人気が高かったと言われ、
複製画の他にポストカードの題材としても盛んに使用された。
アドルフ・ヒトラーも彼の作品を好み、代表作である『死の島』の第3作を始め、
11点所有していたと言われる。



  
 怖い 怖い
夏だからって 足の無い青白い人達に
招かれたくありません。

また、神秘学的な伝承では、オパールは第三の目を開き、
宇宙意識や前世意識とつながるための助けをするとか・・・?
ホントですか !? (゚ー゚;) コエ~





鉄斎が描く夥しい数の仙境画の中で、一つを択ぶとすれば
「心遊仙境図」というのを挙げる。 仙境は巨大な岩のうてな
の上に築かれている。 滝は岸壁にかかり、流れは岩の肌の上を
奔っている。楼閣も、亭も、岩の上に営まれ、数少い樹木も
岩の上から生え立っている。どこにも人の姿はなく、
巨大な岩の舞台の裾を洗う潮の音が聞えているだけだ。
この孤絶した無人の理想郷に月を配してみると
おそろしいほど荒涼としている。まるで冥界だ。八十七歳の鉄斎は、
自分以外の誰もが足を踏み込むことのできない仙境を描いたのだ。
 深夜こっそりと、月光を浴びて、彼はその中に入ってゆく。

仙 境 / 井上靖

 
1923年

没後90年  鉄斎展 TESSAI
 2014年6月14日(土)~8月3日(日)

Tomioka Tessai

全く違う国で描かれた絵なのに
相通じるものがあると思いませんか?
こういうのを シンクロニシティ と言うのでしょうか