2014/12/20

Everybody's talkin'

 Time, you old gipsy man,
will you not stay,
put up your caravan
Just for one day ?


時よ、老いたるジプシーよ、
とどまってくれないか、
お前の幌馬車をとめてくれないか、
せめて今日1日だけでも?


All things I'll give you
Will you be my guest,

もしわが家に泊まってくれたなら、
お前になんでもあげる、


Bells for your jennet
Of silver the best,


 驢馬には鈴を、
それも銀製の立派なのを、―


Goldsmiths shall beat you
A great golden ring,


 そしてお前のためには、細工師に
大きな金の指環を造らせよう。

Peacocks shall bow to you,
Little boys sing,


 孔雀にもお辞儀をさせようし、
男の子たちにも歌を歌わせよう、


Oh, and sweet girls will
Festoon you with may,


そうだ、可愛い女の子たちにも
さんざしの花綱でお前を飾らせよう。



Time, you old gipsy, 
Why hasten away ?



それなのに、時よ、老いたるジプシーよ、
どうして、お前はそんなに急ぐのか?

Last week in Babylon,
Last night in Rome,

From Millan.Net
先週はバビロンにいたし、
昨晩はローマにいた、


Morning, and in the crush
Under Paul's dome;
Under Paul's dial
 You tighten your rein ―
Only a moment,
And off once again;
Off to some city
Now blind in the womb,
Off to another
Era that's in the tomb.


そして、今朝はセント・ポールの聖堂の下にいる ・・・・・
  それも人込みの中に。
セント・ポールの日時計の下で、
お前は手綱の手入れをしているが、
それもほんの一瞬の間だけ、
そしてまたもや出かけようとしている。
まだこの世に生まれてもいない、
どこかの都会へ行き、
それが墓場に入るのも待たずに、
また次の都市へ、と出かけてゆく ―。


Time, you old gipsy man,
Will you not stay,
Put up your caravan
Just for one day ?

時よ、老いたるジブシーよ、
とどまってくれないか、
お前の幌馬車をとめてくれないか、
せめて今日1日だけでも ?

Ralph Hodgson  ラルフ・ホジソン(左)
右に立つのは T・S・エリオット


From Millan.Net

Time has wings. 一年早いですね。

From Millan.NetFrom Millan.Net
 楽しいクリスマスをお過ごしください。

 From Millan.Net 



Everybody's talkin' at me
 I don't hear a word they're sayin' 
 Only the echoes of my mind
People stoppin' an' starin'
I can't see their faces
Only the shadows of their eyes

I'm goin' where the sun keeps shinin'
Through the pourin' rain
 Goin' where the weather suits my clothes
Bankin' off of the North East wind
 Sailin' on summer breeze
Skippin' over the ocean like a stone

I won't let you leave
My love behind
No, I won't let you leave


アンリ・ルソー 「カーニバルの夜」 1886年

誰もが僕の噂 をしてるけど
そんな話 聞いちゃいない
自分の心の声がこだまするだけ
 
人々は立ち止まってジロジロ見るけど
 彼らの顔など 見えやしない
それらの視線を感じるだけ
 
僕は太陽がずっと照り輝いているところへ行こう
この土砂降りの雨を抜け
僕の着る服に心地いい場所へ行こう
北東の風に帆を傾けて
夏の風に吹かれながら
投げた小石のように 海原を跳びはねて行こう
 
僕は 君を置いては行かない
 愛しい君を残して
 そう、僕はきみを放しはしない



I yearn for the living in a caravan
with dogs and cats a little. 
From Millan.Net
犬、猫を連れた ジプシーのキャラバン生活にちょっと憧れます。
今も 似たようなものかしらね。 (笑)