2015/01/10

Monsieur Monsieur


ムッシュウ ご迷惑のほどは
お許しいただきたいが
いったい何と奇態な帽子を
頭にのっけておいでなのです!


― ムッシュウ あなたはお間違いだ
わたしは頭が失くなっておる
それなのに どうやって
帽子をかぶればよろしいのか!


― ムッシュウ ムッシュウ ムッシュウ
わたしたちの頭の上で
何でしょう あの沢山の眼が
夜の中を見つめているのは?


― ムッシュウ あれは星だ
めいめい自転しているだけで
何も見ているわけではない。

「ムッシュウ!ムッシュウ!」 より抜粋


 ある日のこと 海のほとりで
ムッシュウとムッシュウとがただ二人
静かに語らい
空を眺めて
一つのリンゴを食べていた。


「海水浴場のムッシュウ・ムッシュ」 より抜粋

Avec Monsieur Monsieur
je m'en vais en voyage.
Bien qu'ils n'existent pas
je porte leurs bagages.
Je suis seul et ils sont deux.

ムッシュウ・ムッシュウと連れ立って
僕は旅に出た。
何せ実在しない連中だが
荷物は僕が持ってやる。
僕は一人で彼らは二人だ。

René  Magritte

Lorsque le train démarre
je vois sur leur visage
la satisfaction
de rester immobile
quand tout fuit autour d'eux.


   
汽車が動き出すと
彼らの顔は
満足の表情だ
まわりのすべてが走り去るのに
自分たちはじっとしているというので。

 

「ムッシュウ・ムッシュウとの旅」 より抜粋

Dans un silence épais
Monsieur et Monsieur parlent
c'est comme si Personne
et Rien dialoguait.

部厚い沈黙の中で
ムッシュウとムッシュウが会話する
 ちょうど「存在しない人間」が
「存在しない物」と語り合うかのように。


L'un dit : Quand vient la mort
pour chacun d'entre nous
c'est comme si personne
n'avait jamais été.
Aussitôt disparu
qui vous dit que je fus ?

 一人が言うには われわれのめいめいに
 死が訪れれば
 誰ひとりいなかったのと
 同じになるのだ
消えたと見れば もはや
わたした存在したとは知るよしもない。

  

- Monsieur, répond Monsieur,
plus loin que vous j'irai :
aujourd'hui ou jamais
je ne sais si j'étais.
Le temps marche si vite
qu'au moment où je parle
(indicatif-présent)
je ne suis déjà plus
ce que j'étais avant.
Si je parle au passé
ce n'est pas même assez
il faudrait je le sens
l'indicatif-néant.


― ムッシュウ とムッシュウが答える。
 わたしはもっと深く考えるね。
今日にしろいつにしろ
わたしには自分が存在したかどうかわからないのだ。
時間はあまりに速く進むから
こうして話す瞬間にも
(直接法現在形だよ)
わたしはすでに
今のわたしではないわけだ。
過去形で話したとしても
尽せないのは同じことだし
どうやらいっそのこと
直説法虚無形が要るらしい。


- C'est vrai, reprend Monsieur,
sur ce mode inconnu
je conterai ma vie
notre vie à tous deux :
 
― まったくだ とムシュウが答える。
この未知の時法を用いて
私の一生を語り
二人の一生を語るとしよう。


 A nous les souvenirs !
思い出をよみがえらせろ!


Nous ne sommes pas nés
nous n'avons pas grandi
nous n'avons pas rêvé
nous n'avons pas dormi 
nous n'avons pas mangé 
nous n'avons pas aimé.

われら生れざりき
われら育たざりき
われら夢みざりき
われら眠らざりき
われら食さざりき
われら愛さざりき。


Nous ne sommes personne
et rien n'est arrivé.

われら何者でもなく また
何事も起こりはしなかったのだ。

「ムッシュウ・ムッシュウの墓」
Monsieur Monsieur
Jean Tardieu


ジャン・タルデュー は、18歳のとき、鏡の前で髭をそっていて、突然
自分というものが存在すること、自分が自分を認識することの奇怪さに驚き
一種のノイローゼ状態におちいったという。

今回 ANN は まるで哲学者のように振る舞ってくれました。 
どうやら マグリットが好きなようです。

マグリット展 | René Magritte in Tokyo | 【東京展】2015年3月25~

 

 




案外、全てを否定してみる事によって
その存在がより確かなものになるのかもしれませんね。
ふと、そんな気がしましたとさ。
From Millan.Net