2014/11/21

Day Too Soon


木のかげに小さな椅子に腰かけて
ずっと遠くを見てくらさう
そしてとしよりになるだろう
僕はなにもかもわかったやうに
小さなやさしい笑顔を送ろう
僕は余計な歌はもう歌はない
手をのばしたらそっと花に触れるだろう

立原 道造


 
見る人がいなくても、
庭の枝木は風に揺らぐだろう。
優しく咲く花もひらひらと落ちるだろう。
可愛がる人がいなくても、
あのブナの木は茶色の芽を出すし、
この楓の木は紅葉して散ってしまうだろう。


 Unwatched, the garden bough shall sway,
The tender blossom flutter down,
Unloved, that beech will gather brown,
This maple burn itself away;


あなたが蔦の絡まる軒下で囁く歌声こそ、
迫り来る冬の心配をよそにうたう歌声、
またここかしこの木立の葉を
真っ赤に染める「秋」の歌声なのだ。


Who murmurest in the foliaged eaves
A song that slights the coming care,
And Autumn laying here and ther
A fiery finger on the leaves;


「夕暮れの銀山温泉では雨に降られましたが、
 天童温泉 で一夜を過ごした翌朝は
光あふれるテラスの椅子に腰かけ 家族でゆく秋を愉しめました。」

 
梢に残る最後のわくら葉は渦巻き飛び、
深山鴉(みやまがらす)は散り散りに大空を吹き流される。



 The last red leaf is whirled away,
The rooks are blown about the skies;

雲は高く、さらに高く舞い上がり、
雨をはらんで寄せ来ては、
陰惨な西空に崩れ落ちる。


The cloud rises upward always higher,
And onward drags a labouring breast,
And topples round the dreary west;
 

路ゆく人よ、池の面に己が姿を映して、去れよ。
とがめるな、そよ吹く風を、
池の面に気まぐれの小波を立て、
淡い陽かげを躍らそうとも。

Zao Area (Yamagata) | Japan National Tourism Organization

And look thy look, and go thy way,
But blame not thou the winds that make
the seeming-wanton ripple break,
The tender-pencilled shadow play.

Alfred Tennyson  

 テニスン詩集―岩波文庫より



 久しぶりのリフトに心躍りました。


羽田から庄内空港へ飛び 1泊2日の旅で
 鶴岡、酒田、銀山温泉、天童温泉
蔵王 御釜 まで観光できたのはラッキーでした。




この歌いいですよ!

Honey I will stitch you
Darling I will feel you in my heart
Honey I will meet you
Darling I will keep you in my heart